1/13 ディオン攻城戦。

昨日はディオン攻城戦でした。
防衛は焔瀞同盟さん。ヘルプにLWさんなど。
攻めは私達KVC連合とアデ学、薩長さんなど。
今日のKVC連合指揮は私が。
まずは様子を見つつ戦場東に移動。
他攻め?の影を意識してだいぶ奥まった場所に陣取ることになりました。
偵察の報告からだと、防衛の数は私達とほぼ同数かやや上回るか?といった様子。
まずは持久戦を覚悟して陣地構築。
少しでも防衛を削るため態勢を整えることに。
ただ、長期的な攻めを行うにはバフの時間が少し足りず間をおいてリバフすることに。
しかし、リバフ前に城門前で布陣してた焔瀞さんに動きが。
急いでリバフ指示を出し迎撃態勢をとりますが、こちらはやはり態勢が整ってない様子。
急襲する焔瀞さんを迎撃するも、陣地は壊され撤退。
村で立て直して正面から再度アタック。
これも防衛に大きな損害を与えることはできず。
3度目のアタックは大きく迂回して城裏から。
しかしながら3度目のアタックもこちらの数を大きく減らして撤退。
アデ学、薩長と他攻めが攻めてるのもわかりましたが、タイミングはばらばらで
KVCも含めみんな各個撃破された形になっていました。
これではこのまま城門も破壊できず終わってしまうことは目に見え、他攻めに打診。
KVCは別働隊でゴレ召還の工作隊を出し、全軍を囮にして城壁破壊に。
他攻めと連絡をとり、工作隊が配置についたところで全体バフ。
バフ終了後は全攻めで波状攻撃を。
ゴレもなんとか召還できたのですが、ここで防衛が戦力を分断。工作隊に向けられることに。
ゴレ部隊は攻撃を受け壊滅。ゴレも破壊されました。
しばらく防衛と戦闘を繰り返してましたが
工作隊に流れた戦力がこちらに向かってることと
倒した城門前の防衛も復帰するであろうことから、撤退。
このときには既に城をとるには時間がない状態に。
ラストアタックで剣聖・CFTでサイドから挟撃しては?
という提案がありました。
全攻めでの波状攻撃でも防衛を完全に崩すことはできず
ましてやKVCだけで戦力を分断しようものなら各個撃破されて終了。
前半の各攻めの二の舞になるだろう。
色々逡巡するものの、このままでは終われないという気持ちが。
提案を行動に移そうと思いましたが、ここで何ヶ所からか撤退して次に備えようという意見が。
このまま終わりたくない、けれど現状もよくわかってはいる。
悩んだ末に私的な感情が占める「攻め続ける」という選択肢を選ばず。
KVCとしてのディオン戦は終了させることにしました。
色々あったディオン戦でしたが、最大の敵は防衛でなく自分自身の中にある。
そう思わずにいれない戦争。
みんなは、何を思いながら終戦を知らせるログを見つめたのでしょうか。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by nonoru | 2008-01-14 15:25 | ののる

<< 要塞防衛戦と色々。 1/12 グルーディオ攻城戦と... >>